イクメン大家の投資家生活

サラリーマン大家から専業大家になって
ハッピーリタイアしました。
不動産投資、お受験、ビスタプリント、そして時事ネタを
思いつくままに書いています。

 

結局、、、どんな子が国立小学校に合格しているの? えっ!?キモはそこ???

 

先日、息子が通っている地元の小学校の父母会があって、もちろん喜んで参加してきたんですが、平日だというのに僕のようなパパさんも3割ぐらいいらっしゃってビックリ w(゚o゚)w オオー!

 

 

 

 

で、会の後の簡単なお食事会でたまたま一緒になった6名のグループで、最初はいま通っている塾とか5年後にやって来る中学受験のお話、そして最後は直近で経験した小学校のお受験談義で盛り上がったんだけど...

 

 

 

 

ウチはペーパーで失敗しちゃった!

 

ウチはたぶん面接で落とされたわ。。。

 

ウチは最後の抽選でダメだった!!とか、

 

皆さん明るく失敗談を披露されていたので、僕もなんとなく流れで「ウチも落ちまして...」的なことを言ってその場に合わせちゃったんだけど (^^ゞ

 

で、失敗自慢大会!?のついでにいろいろと面白いお話も伺いましたので、これから小学校のお受験、特に国立小学校を目指していらっしゃるご家庭の皆さまにもシェアしますね。

 

 


国立小学校受験を考えたら
まず最初に読むべき定番本! >>

 

 

小学校のお受験って、行動観察が定番ですよね。

 

何名かのグループに分かれて、テーマに従ってブロックを積み上げたりとかお城を作ったりとか。

 

慶応幼稚舎とか学芸大付属竹早あたりだと、ペーパーなしで行動観察のみ!!!

 

 

 

 

 

で、普通、お受験と聞けば真っ先に ペーパー対策 て思い浮かびますよね♪ 実際、僕もそうだったし d( ̄  ̄) 

 

 


こぐま会の「1人で特訓シリーズ」はオススメ >>

 

 

ところが、、、

 

都内の某有名お受験塾に娘さんを通わせていたというママさん情報によると、どうやら合格した子たちって、結局は 行動観察で決まっていたらしい!ということです。

 

 

 

 

そのお受験塾では、子どもたちが毎回取り組む模試の結果を、名前は伏せてすべて点数順で発表しているそうです。

 

で、筑波大や学芸大そして慶応といった難関校に合格したお子さんたちって、模試の成績いつもトップクラス!の常連さんもいたそうですが、多くのお子さんたちって模試の結果は必ずしも良くはなかったそうです。

 

 

 

 

それどころか、ほぼ毎回最下位!?的に安定した元気な男の子もいたとか。。。

 

でもその子たちって、ママさんいわく、思い返すといっつも明るく元気で返事もハキハキ、遊びでも後片付けでも何でも自然に率先して行ういわゆる「良い子」たちだったそうです。

 

塾の授業が始まる前の時間、一人でぽつんとしている子がいれば、「ねえねえ♪ 一緒に遊ぼうよ」と自然に声をかけてみたり、泣いている子がいれば、「大丈夫?お腹痛いの?」と心配するなどなど。

 

似たような事をおっしゃっていたお受験ベテランのパパさんも何名かいらっしゃったので、たぶん間違いないような気がします。

 

 

 

 

確かに考えてみたら、、、

 

小学校の先生たちって毎日大忙しなんで、こういう面倒見の良い子がクラスに1人でもいてくれれば何かと助かりますよね♪

 

 

 

 

もしもクラス全員がこういう子ばかりだったら、先生たちは毎日ストレスなくハッピーに過ごせるし ♪♪v(⌒o⌒)v♪♪

 

それに、、、国立大学(独法)の教育学部附属の小学校だと教育実験校という立場なんで、入学してくるお子さんたちは素直に何でもハイハイ聞いてくれたほうが新しい教育方法の効果測定をする実験しやすいし。

 

さらにさらに、、、ペーパーができるお子さんたちばかりじゃなくて多少バラつきあったほうが、統計的な手法でデータ解析するときは傾向ハッキリ出やすいので論文にしやすいし♪的なこともあるのではないかと。。。

 

 

 

 

まあそんなこんなで、あらためてウチの子を眺めてみると、、、

 

某国立小学校に合格できたのって、

やっぱり行動観察の結果だったのではないのかな〜と  (´-`).。oO

 

息子の報告によればペーパーも半分ぐらいはできたっぽいけど、国立小学校受験を本気で考えている多くのご家庭のお子さんたちだったら、その程度は余裕で取れていたはず。

 

だってウチなんかたった1か月の自宅学習だけだったし。

 

 

 

 

差を付けていただけたすれば、やっぱり行動観察しかないんですよね。

 

 

ウチの子の特技は、とにかく知らない子でもすぐにお友達になれること。

 

 

 

 

初めて行くような公園でも、5分もすれば知らない子たちと普通に一緒に遊んでいたりします。

 

同じくらいの年齢の子はもちろん、年少さんくらいの小さな子から中学生くらいの子まで、男の子でも女の子でも関係なく、いつのまにか仲良くなっています。

 

「今日はKクンと帰ってきたよ♪」

 

「今日は休み時間Rちゃんと遊んだんだ♪」

 

など、毎日誰と遊んだのか、誰と一緒に図書室で本を読んだのか、誰と帰ってきたのかを必ず教えてくれます。

 

 


ウチのママが苦労したお受験ルック。。。
最近はこんな便利なセットあるのね♪

 

 

全員てっきりクラスメイトかと思っていたら、よく名前が出るK君やT君は4年生で、図書室でいつも一緒に本を読むらしいS君は2年生で、Fちゃんは1年の他のクラスの女の子で、昼休みによく一緒に遊ぶRちゃんはクラスメートの女の子のお姉ちゃんで6年生とか w(゚o゚)w

 

もちろんクラスにも仲良しはたくさんいるようで、夏休み明けの保護者面談の時に担任の先生からは、「息子さんは誰にでも優しいので、男の子からも女の子からも好かれていますよ (*^ー゚)b」的なことをおっしゃっていただけました。

 


願書の書き方から保護者の作文まで
持っていると重宝します >>

 

 

考えてみたら、誰とでも打ち解けて仲良くなれる能力って、ある意味すごい武器ですよね。

 

僕は親として、とにかく毎日コツコツ勉強して良い中学校そして高校・大学へと進んでくれれば、、、とそればかり考えていたんですが、誰とでもすぐに仲良くなれる=コミュニケーションスキルが高い!と考えれば、これは社会人になってからあらゆる場面で自分を助けてくれるすごい武器になってくれるはず。。。

 

 


ウチも受験日直前に慌てて購入しました!
レッスンバッグは必需品 >>

 

 

ということで、、、

 

勉強はまあそこそこに、それよりも息子が既に身につけている良い能力(武器!)をどんどん伸ばしてあげたほうが、息子の一生の幸せを考えたら良いのかも、、、なんて真面目に考えさせられました。

 

だって勉強する本当の目的って、究極には、世の中で よりよく生きるため ですもんね♪

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

お名前
email
URL
コメント

この記事のトラックバックURL

トラックバック

ランキングサイト

search items

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

プロフィール

ブログ内検索

最近の投稿

最近のコメント

  • 公文の算数ここが変!?繰上繰下で小さな数字を書かせないってどうなの?
    コウスケ (04/09)
  • 公文の算数ここが変!?繰上繰下で小さな数字を書かせないってどうなの?
    ちぇぶこ (04/09)
  • ウワサの東名高速事故!車が空を飛ぶ!!!高橋レーシング?これ避けるのムリ。。。
    蒼士 (06/12)
  • 安倍首相は韓国にお別れを告げたってこと!?
    蒼士 (05/28)
  • 不動産投資って本当に儲かるの?
    よっしー (05/21)
  • 不動産投資って本当に儲かるの?
    蒼士 (05/20)
  • 不動産投資したい!でもやっぱり借金するのが不安。。。
    蒼士 (05/17)
  • 不動産投資したい!でもやっぱり借金するのが不安。。。
    たままる (05/17)
  • 普通のサラリーマンが不動産投資を安全に始めるための第一歩とは???
    ぷっちょ水無月 (05/15)
  • 普通のサラリーマンが不動産投資を安全に始めるための第一歩とは???
    しゃんしゃん (05/14)

アーカイブ

カテゴリ一覧

リンク